SSブログ
前の10件 | -

平成21年度(2009)ブログトップ

平成21年度(2009年度)版 聖霊中学校高等学校ブログ

聖霊中学高校についてのQ&A (2008年度ブログ)

本校のブログは、オーストラリア海外研修参加生徒の保護者の皆さまに、現地の様子を現地からほぼリアルタイムで報告することを目的として開設しました。事前の学習や予備情報提供、お楽しみクイズなどから、秋の現地校来日の際も学校での様子などをお知らせしてきました。本文内のリンクは当時のままですので、リンク先が消滅していることもあり得ます。また、一定期間で自動的に広告リンクが表示されます。その都度修正しますが、ご了承下さい。
 

nice!(0) 

オーストラリア研修No8 [学校行事]

3月30日オーストラリア研修の生徒達が無事帰国しました。
参加した生徒達は、単なる海外研修の体験だけでなく、
男女共学校ということでも貴重な経験をしたということです。
「益々英語が好きになり、聖霊に戻ったらもっと勉強します!」
「もっと会話の力を磨いて、もう一度オーストラリアに来たいです。」
ホストファミリーでの生活も含め、有意義な時間を過ごしたようです。

到着後の出口でのスナップを紹介します。

kikoku1.jpgkikokju2.jpg
タグ:海外研修
nice!(0) 

2010年度大学入試 [進路指導]

今年もいくつかの週刊誌で大学合格実績が掲載されはじめています。
現時点で本校進路指導部が把握している大学合格者数をお知らせします。
(過年度卒業生の合格実績も含まれています。
私立大学の人数には指定校推薦の合格者を含めておりません。)


【国公立大学】
首都大学東京 1
岐阜大学 2
愛知県立大学 2
尾道大学 1

【主な私立大学】 (指定校推薦をのぞく)
立教大学 1
明治大学 1
津田塾大学 1
成蹊大学 1
東京女子大学 2
成城大学 2
学習院女子大学 1
フェリス女学院大学 1
聖心女子大学 1
白百合女子大学 1
同志社大学 3
立命館大学 1
関西学院大学 1
関西外国語大学 1
京都外国語大学 1

【薬学部合格者のみ抽出】
星薬科大学 1
武蔵野大学 1
名城大学 2
愛知学院大学 1
金城学院大学 4
鈴鹿医療科学大学 1

【看護学部合格者のみ抽出】
愛知医科大学 1
愛知県立大学 1
藤田保健衛生大学 1
椙山女学園大学 1
タグ:大学合格
nice!(0) 

オーストラリア研修No7 [学校行事]

オーストラリア便りを送ります。

26日には学校での最後の勉強があり、
夜にはホストファミリーを招いてのFAREWELL PARTYが学校のホールで行われました。
70名ほどのファミリーがそれぞれ1品ずつ食べ物をもって集まってくれました。
「FAREWELL SEIREI JUNIOR AND SENIOR HIGH SCHOOL」
と書かれた特別なケーキも用意されていました。
まずBEDE POLDINGの教頭先生から研修の修了証とバッジが各自に渡され、
みんな笑顔で受取りました。
CAKE.jpg表彰2.jpg

その後、ホストファミリーへの感謝の気持ちを込めた、
私たちのパフォーマンスを披露しました。
高1のRさんの花笠音頭などの民謡、続いて中3のMさんのギター演奏、
Sさんの空手、最後に全員で聖霊の定番である「ハレルヤ」を歌いました。
どれも本番は素晴らしい出来栄えで、
ホストファミリーの皆さんから大きな拍手をもらうことができました。
ギター.jpg空手.jpg
民謡.jpgPARTY2-1.jpg
ハレルヤ.jpg

ホストの皆さんから「よくお手伝いしてくれますよ。」
「うちの子どもたちと仲良くしてるよ」
「とても礼儀正しい子ですね。」「日本へ帰したくないくらいだよ」など、
たくさんのお褒めの言葉をいただきました。

週末にはホストファミリーがそれぞれ楽しそうな計画を立ててくれています。
生徒の皆はきっとよい思い出をつくることでしょう。
そして月曜日にはウィンザーに別れを告げて、
シドニーへ移動し、夕方にはシンガポールへ、さらに名古屋へ帰ります。

この研修旅行もいよいよ終わります。
この間(今のところ)、病気や怪我になる生徒も出ず、
また学校やホストファミリーとの間のトラブルもなく
(ただ1つ、初めのホストの家族がノロウィルルスにかかったため、
急きょホストを変わることになった生徒がいましたが、
彼女は2つの家庭を体験できたと前向きにとらえてくれました)、
この研修を終えることができそうです。
この間、生徒の皆は本当によく頑張りました。
ホストファミリーは好意的で、生徒たちを歓迎してくれ、
よくお世話してくださいました。

しかし慣れない外国の、知らない家庭や学校ですごすことがどんなに大変か、想像できます。わからないことも多くあるし、気を使ったり辛い思いをしたこともあるでしょう。
それをけなげに乗り越えて、
よい体験や良い思い出に変えていく努力を皆がしたことは本当に素晴らしいと思います。
また、英語をもっと学びたいという気持ちも強めたことでしょう。
短期間ではありましたが、充実した研修になったと確信します。

帰国後には成長した姿を保護者の皆さまにお見せできると思います。

お楽しみに!
タグ:海外研修
nice!(0) 

オーストラリア研修No6 [学校行事]

オーストラリア便りを送ります。

今日はアボリジニーについて学んだ(もちろん英語で)後、アボリジニーアートにも挑戦。
さらに自分の絵について英語で説明するという活動がありました。
また、折り紙を折ってバディへのプレゼントも作りました。
325-2.jpg325-5.jpg

午後はSPORT DAYということで、日本の運動会のようなものかと思っていましたが、
そうではなく、サッカーやバレーボール、ソフトボールなどの上手な生徒たちのチームは、
市内の対抗試合に出かけ、そのほかの生徒たちは学年によって市内のいろいろなスポーツ施設
(ボウリング場・スポーツジム・公園など)にバスで移動してそれぞれを楽しむという形でした。

私がついて行った公園コースではWALKINGやJUMPING(縄跳び)、
FRISBEEそれに簡単なCRIKET(バットのような棒を使ってボールを打つゲーム)を
各自がそれぞれ選んでやっており、本校の生徒たちも加わって楽しそうでした。

325-3.jpg325-4.jpg

こちらの学校の食事習慣は日本とは違っていて、
生徒たちはRECESS(MORNING TEAと呼ばれています)を11時から25分間、
LUNCHを午後1時30分から25分間の2回食事をとります。
見てみるとどちらもお菓子や果物、サンドイッチ、ジュースを食べているようです。
しかもこの間は教室には入らず、全員、外で食事です。
地面にしゃがみ込んで食べる様子は日本流ではあまり行儀がいいとは思えませんが、
こちらの風習のようです。
食後のゴミの始末など先生方が指導していました。
325-1.jpg
タグ:海外研修
nice!(0) 

オーストラリア研修No5 [学校行事]

オーストラリア便りを送ります。

今日もこちらは晴天です。
日差しは強いのですが、日蔭では涼しく感じられます。
大きな台風がケアンズのほうに近づいてくるとの話を日本から聞きましたが、
ケアンズとここは2000キロ(日本列島の長さです)も離れており、
何の心配もなさそうです。

今日は午後からJTBの手配で、シドニーまで遠足に出かけました。
私たちは今回の旅行を「シドニー英語研修」と言っていますが、
実は私たちのいるウィンザーはシドニーではなく、
車で1時間ほどかかるところにあります。いわば名古屋と瀬戸のような関係です。
11時ごろ学校を出発して、シドニーへ向かい、ハーバーブリッジを歩き、
オペラハウスを見ました。
3時には学校へ戻らなくてはならず、あまりゆっくり見学することはできませんでしたが、
英語を使ってお土産や飲み物を買ったりしました。
すこしずつ外国で過ごす自信がついてきたようです。

bridge.jpg
タグ:海外研修
nice!(0) 

オーストラリア研修No4 [学校行事]

オーストラリア便り

私たちが滞在するウィンザーという町は、オーストラリアの中では由緒ある、歴史的な街です。
約200年前にキャプテンクックが上陸し、
このあたりをイギリス人の最初の入植地として開拓したようです。
ですから、古い建物やレストラン、川沿いには豪邸が建ち並ぶ街で、
町の人たちはこの歴史ある街を誇りに思っているようでした。

私たちが通っているBEDE POLDINGは大勢の生徒がいますが、
生徒たちの様子は全体にとても落ち着いており、
服装や物腰、時間の厳守等、よくやれており、安心して過ごせる学校です。
生徒たちは男子生徒もいるということで、
困惑するのかなと思いましたが、まったく逆で、普段とは違う環境を楽しんでいます。

school front.JPGseito2.JPG
seito.JPGcaw.JPG
タグ:海外研修
nice!(0) 

オーストラリア研修No3 [学校行事]

オーストラリア便りを送ります。

朝、8時過ぎにみんな登校してきました。
どの子も元気そうで、さっそく昨晩の様子を聞きました。
ホームステイ先で歓迎され、楽しい時を過ごしたようです。
庭で子供たちとバスケットボールをやったり、
船を持っているご家庭では([exclamation×2])さっそく川下りをしたり、
バーベキューを御馳走になったり、
ホストマザーのスーパーでの買い物についていき、こちらの野菜が大きいのに驚いたなど、
いろいろ報告してくれました。

さっそく、アンドレアさんによる英会話の授業が始まりました。
昨晩困った英語が話題となり、
「味が塩辛くない?」とか「暑くない?」とか聞かれたときに
「『ちょうどいい』と答えたいのだけど、どう言ったらいい?」など聞いていました。
皆にとって切実な問題であり、真剣に聞いていました。
現場で英語を学ぶことの意義が実感できます。

午前中は授業のほかに校内の施設などを見学しました。
BEDE POLDINGはカトリックの男女共学校で、
7年生から12年生まで約1300名ほどの生徒がいます。
ユニークな教育として、校内に牧場を持っており、
生徒たちが牛や羊などの飼育をしていることが挙げられます。
オーストラリアの大きな産業の一つである農業をよく理解するための教育として、
位置付けていることがわかりました。
うちの生徒たちも喜んで牛やひよこを触っていました。

また、図書館も見学しましたが、
日本の漫画(英訳されたもの)が生徒たちの間でとても人気だそうで、
いくつか書棚に並んでいました。
バディとよばれるお世話役の生徒たちが一人ひとりの生徒についてくれて、
リセス(おやつの時間)や昼食をとりました。

午後はバディのクラスでそれぞれ授業を受ける体験をしました。
学校側の代表として教頭先生がクラスにいらっしゃって御挨拶を受けることもできました。
こちらからも持って行った瀬戸物のひな人形を渡しました。
長いようであっという間の学校生活で、3時には全員が帰宅していきました。

朝からぎっしりスケジュールの詰まった一日でしたが、
学校の様子も分かったので、明日からはもう少しゆとりが出るかもしれません。
タグ:海外研修
nice!(0) 

オーストラリア研修No2 [学校行事]

<オーストラリア研修の引率教員からe-メールが届きました。現地の様子を画像と共に紹介します。>

時間どおりにセントレアを発ち、シンガポールへ午後5時ごろ到着しました。
機内は満席でしたが、シートごとに映画などが選んで見れるようになっており、
長い時間もあまり退屈せずに過ごすことができました。
シンガポールでは3時間ほど乗り継ぎの待ち時間がありましたが、
生徒のみんなは三々五々グループになって、お茶を飲んだり、
お店を見たりして(買い物はしませんでしたが)、
楽しそうに過ごしていました。(写真を見てください)
singapole.jpg
その後、午後9時ごろにシドニーへ向けて出発。
この中で睡眠をとれるはずでしたが、実際には夕食をとった後、
3時間ほどでもう起こされ、朝食となり、
皆、あまり寝ないままにシドニー入りとなりました。

シドニーは晴天で、気温も32度ぐらいに上がっており、
思ったより暑いのにびっくりしました。
でも、生徒は皆元気よく、JTB手配のガイドさん(日本人)の案内で、
シドニー観光をしました。
GAP公園という、シドニー湾がみえる景色のいいところ
(北陸の東尋坊のように岸壁が海に突き出していました。
ここも東尋坊同様、自殺の多いところという説明を聞きまし
た)で最初の集合写真をとりました。
gappark.jpg

さらにBONDI海岸へもいき、砂浜を歩いたりしてから、
フィッシュアンドチップスという、魚料理を食べました。
おいしかったのですが、大変な量で、飛行機の中から動かずに食べ続けており、
完食できた人は一人もいませんでした。
beach.jpg

午後2時過ぎにはウィンザーに着きました。
(BEDE POLDINGのある町でシドニー中心部から1時間半ほど西(山のほう)にあります)
こちらのコーディネイターはアンドレアさんという女性で、
明るく、見るからに世話好きな方で、お子さんがBEDE POLDINGに通っているとのことでした。
次々にホストファミリーが迎えにきてくれて、
生徒のみんなは緊張しながらも笑顔であいさつして、それぞれの家庭へ別れて行きました。
明日はどんな話を持って登校してくるでしょう。楽しみです。

host.jpg

こちらのホテルでのインターネット環境や料金のことをとても心配していましたが、
7日間使い放題で、20ドルとのことで、安心して使うことにしました。
夕食はライル先生とホテル近くの商店街(こちらにしては結構古くて味のある
ところです)でワインやチーズ、ピザなどを買って部屋で食べました。

タグ:海外研修
nice!(0) 

平成21年度 オーストラリア研修No1 [学校行事]

平成21年度夏のオーストラリア海外研修は新型インフルエンザにより中止となりましたが、
その代替となるオーストラリア研修が改めて企画され、3月20日シドニーへ向けて出発しました。
夏の海外研修への参加が決定していた生徒の中で、
参加希望のあった中学3年生高校1年生あわせて17名が、今回の研修に参加しています。
今回の研修は、シドニーにあるBede Polding Collegeへお邪魔し、
1週間のホームステイと学校体験が中心となる研修です。

出発当日の空港での様子を紹介します。
研修中は引率教員から現地の様子が送られてくる予定です。
このブログで紹介していきます。

No4.jpgNo3.jpg
No1.jpgNo2.jpg


タグ:海外研修
nice!(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます